吸血昆虫

宿泊施設で見られる害虫でした

トコジラミと聞いて、すぐに想像が付く人は少ないはずです。なぜならば、日本でも一部の宿泊施設で見られる害虫でしたから、一般の人々の目に触れることはほとんどなかったのです。トコジラミは、古くは日本のあちらこちらで見ることができた吸血昆虫でしたが、終戦後に行った徹底した衛生対策で、トコジラミは影を潜めていったのです。それが、国際化に伴ってトコジラミが海外から持ち込まれてしまったのです。そして、最近ではごく普通の民家でもトコジラミによる被害が報告されるようになってきているのです。要するに、トコジラミによる被害が広がっているのです。トコジラミに吸血されると、ひどい痒みを伴うことから、不眠症になってしまう人もおり、早めのトコジラミ駆除が必要となります。

トコジラミ駆除の実際とは

トコジラミ駆除の実際とは、考えているほど簡単なものではありません。その理由として、現在問題になっているトコジラミには、殺虫剤による効果が期待できないからです。これは、トコジラミが日本に侵入する前に、既に薬剤耐性を持ってしまっていたからで、トコジラミ駆除は違う方法を用いて実施するしかないのです。具体的には、スチームを使った熱処理によって殺虫するわけですが、これには、トコジラミが潜んでいる場所を探し出して、その都度トコジラミを退治していくことになりますから、大変根気が必要な作業なのです。ですから、実際にトコジラミ駆除を行う場合、トコジラミ駆除を専門に行っている業者に任せた方が、確実で安心できるのです。