集まる虫

年間で多くの実績がある会社はこちら。トコジラミ駆除のプロがすぐにお悩みを解決します。手遅れになる前にすぐに連絡してみましょう。

ピンポイントでの駆除が可能

南京虫は、一箇所に集まって生息しています。つまり南京虫駆除は、集まっている場所を特定することで、ピンポイントでおこなうことができるわけです。大量発生し、いくつもの集団ができていない限りは、南京虫駆除は限られた範囲のみでおこなわれます。たとえば、クローゼットに生息している場合はクローゼットのみ、ベッドに生息している場合にはベッドのみといった具合です。ピンポイントでの駆除となるので、広範囲での作業が必要な害虫駆除費用と比較すると、安い場合が多いです。生息しているのが1箇所のみなら、2〜3万円で済みます。もちろん生息している箇所が多ければ、その分費用がかかるようになります。しかしその場合でも、一般的な広さの住宅での南京虫駆除なら、10万円以内で済む場合がほとんどです。

海外から持ち込まれた虫です

南京虫は、海外から持ち込まれたと言われています。海外とのやり取りがさかんになってきた江戸時代末期や明治時代の初期頃から、増えていったのです。そして南京虫による被害は徐々に拡大していきました。特に第二次世界大戦中は、衛生環境が悪化したことにより、南京虫は増えました。そのため戦後、殺虫剤を使った南京虫駆除がさかんにおこなわれるようになりました。東京オリンピックの際には、さらに徹底的な駆除がおこなわれたので、その後南京虫はすっかりいなくなったと考えられていました。しかし近年になり、グローバル化により海外出張をする人や海外から出張してくる人が増えてきたことから、南京虫は再び多く発生するようになりました。そのため現在は、南京虫駆除の需要が非常に高くなってきています。

オススメリンク

南京虫駆除はプロに依頼しないと知識だけでなく経験が足りずに失敗する人が多いのです。そのためプロは存在しているのです。